マンションを賃貸に出すことで安心して海外に行くことができました

意外と知らないマンションを賃貸に出す方法

しかし、査定を受けて見ると想像以上の下落であり、売却をすれば大損してしまう、しかも住宅ローンの一部は自腹が必要になるなど、売却はあり得ないと感じたのです。
賃貸に出すことを考えたのは、以前から不動産投資への興味があり、売却を行って損失が出るのであれば家賃収入を受けてローンの返済をした方がましなのではないだろうかと考えたからでした。
たまたま売却相談を行った不動産会社は売り物件だけでなく賃貸物件も取り扱っている会社でもあり、賃貸に出す時には仲介も依頼ができることも決めての一つです。
但し、一つ気がかりなことは自分の赴任先は日本国内ではなく、海外でしたので留守中の賃貸管理はどのように行えば良いのか、万が一、入居者が見つからない時には家賃収入がないわけですから毎月のローンを自腹で払わなければなりませんし、海外での生活でもお金が必要になるわけですから、大きな悩みになって行きました。
所有している不動産のことが心配になっているのでは、海外での新生活にも色々な不安が付いて回りますし、安心して海外への移住もできなくなります。
入居者が見つかっても、その人が家賃を滞納するような人物であれば誰が家賃の回収を行うのだろうか、設備が壊れた時には自分は海外にいるわけですから対応が取れないなど賃貸に出すことには抵抗はありませんでしたが、日本国内にいない分、色々な不安が出て来たのです。
不動産会社の担当者にこれらの不安をぶつけた所、その会社は売買や賃貸の仲介だけではなく、管理会社の紹介も行っているとのことでした。

マンションを買った途端に海外赴任の都市伝説意外と知らないマンションを賃貸に出す方法マンション貸出はプロにお任せ相続により手に入れたマンションを賃貸に出すことにした